『白銀ジャック』

2014/07/02 04:01

既に発表されてますが、テレ朝、夏の特番 東野圭吾原作 渡辺謙主演 藤田明二監督『白銀ジャック』
先週の締切をクリアーして、本日MAが完了しました。http://www.tv-asahi.co.jp/hakugin-jack/           

プロデューサーが中込さんで、選曲が石井さんという、2011年の『悪党』のスタックという事もあり、気心知れた仲良しなので、とても楽しく質の高いお仕事をさせて頂きました。

藤田監督は初めてでしたが、とても明るく、クリエイティブに対してフットワークの軽い方で、私のスタジオに何度も来て頂き、映像と音楽の擦り合わせを繊細なところまで話してくださいました。                         
そして、連ドラと違ってスペシャル・ドラマは、映画と同じで映像が仕上がっているので、観て作曲制作できるというのが、魅力でもあり、また曲の無駄使い無駄作りなく、どこの映像に音楽を付けるのかキッチリと決め込んで向き合えるのが合理的です。

おまけに、選曲が仲良しいの石井さんなので、打合せが無駄なくクリエイティブで生産的です。その私と石井さんのからみを、また仲良しのプロデューサー中込さんがまとめるという、実にストレスのないお仕事です。                 

実は、曲作りを始める直前、安比ロケが終わって都内に撮影場所を移しとところで、アークヒルズの撮影スタジオに見学に行きました。
そこで初めて渡辺謙さんとお話ししたのですが、瞬間ファンになってしまいました。(笑)
それほどのオーラと骨太の演技、そして気さくな人柄、男が惚れる男と言えます。                     

この重厚で硬派な謙さんに、直球で作ったタイプがRobinDupuyのCelloをフィチャーした曲達。
そしてメインテーマとして書いたのが切ないワルツです。これは、謙さんの演技を観た瞬間、直感的に1960年代フランス映画、たとえば『太陽がいっぱい』や『冒険者たち』を連想したのです。「謙さんの重厚な演技に1960年代フランス映画的なメロを乗せてみたい」と。

さてさて、8月2日のオンエアーが楽しみでもあり、みなさんの感想も聞きたいところです。
                                                        

コメント(3)

『シドニアの騎士』サントラCD・リリース

2014/06/25 03:37

本日6/25、いよいよ『シドニアの騎士』のサントラがリリースされる!

力作であり、野心作でもあります。
一人でも多くの人に聴いてもらいたいな〜
これまでにも、SF作品は書くには書いてるのですが…『ムーンライトマイル』『クロスクライム』『ロボテック』これ全てトレーラーのみです。本編はなんと幻と消えた『アーマードコア』を制作スタート3ヶ月の間書いて、そう、10曲弱書いたところで、製作中止という珍しく残念な経験もしました。(話すと長いのでまた別の機会に)
今回の『シドニアの騎士』ほどの宇宙もの大作は初めてで、ましてやDVDとBDそして劇場では完全5.1サラウンド…
これで腰が入らない訳がない!そして、長年いろんなジャンルの仕事をして来たわりには、代表作が『天誅』『るろ剣』のせいか、和のイメージが強かった…ここで、その『和』だけしかというイメージは払拭したい、朝倉は宇宙ものも書けるんだ、と唸らせたい(笑)なんてのがあって、本当の意味で野心作なのです。かなり大胆なアプローチもしてますし、あらかじめ5.1を考えた曲作りをしてますので、メロディーと音楽的SEとエフェクト・テクノロジーが三位一体な作品です。プロデューサー志向の作曲家として、今までにない宇宙ものを心掛けたメロディー、曲作りだけでなく、長年自分自身でマニュピレートとFinalMixまでやりきる事にこだわってきたアドバンテージを生かした力作でもあります。できれば大音量で聴いてほしい!みなさんからのコメント待ってます!

コメント(0)

未分類

舞台版『天誅』

2014/05/07 05:52

『天誅』生まれて16年目にして、フジTVドラマ化『天誅〜闇の仕置人』、またパチンコ化あり、そして舞台版『天誅』が実現しました。
本日5月7日(水)から5月11日(日)まで、新宿シアターサンモールにて。http://www.tentyu-butai.info/   
この久保田唱脚本演出の舞台版はオリジナルのゲーム内容にかなり近づいてる作品で、もちろん全曲私の音楽ですが、天誅1〜4までの懐かしい曲もふんだんに使用しています。そして書き下ろし作品もあり、中には新しいアプローチである忍者の青春群像をテーマにした挿入歌「里に降る幸せ」は、柏野昌俊という新人青年が〜忍びにも青春がある〜というテーマで『天誅』シリーズとしては珍しくPopなスタイルで熱唱しています。11日の午後の部のアフタートークでは、生でこの挿入歌を唄います。
なぜ今までの『天誅』シリーズにはないPopな曲を作ったかというと、舞台というリアルな2時間余、いつもの『天誅』のマイナーなトーンでは暗い印象が強く残り過ぎないかを危惧したからです。ゲームやパチンコならプレイヤー本人の意志でいつでも休憩できるし、連ドラはほぼ1時間、舞台は始まってしまうと終わりまで観て聴いてを継続する訳で、長時間の印象が少なくとも音楽的にワントーンの暗い残像を残したくはないという意味で、意図的に途中の挿入歌に未来のあるPopな曲でメリハリというか、音楽的な奥行き感を出したかったのです。
この舞台用に、挿入歌「里に降る幸せ」はもちろん、舞台版メインテーマ「復活の狼煙」、山岸監督製作のティザー

に付けた音楽を含む3曲のコンピCDも製作しました。

是非、皆さん応援に来てください!そして、劇場で私にお声掛けください!!ほぼほぼ居ますので..smile..

コメント(0)

  • カテゴリー